ソフトが実行できない場合

SmartScreenが実行させない

SmartScreenが表示される

SmartScreenが表示される

ソフトをダブルクリックして、実行させようとしたとき、上図のような画面になり、ソフトが実行できない場合があります。

これはWindowsのセキュリティ機能の一つで、「SmartScreen(スマート・スクリーン)」と言うもので、ダウンロードしたソフトはそのまま実行させない機能です。

安易にダウンロードしたソフトを実行すると、ウィルスに感染してしまう可能性があるため、Windowsが実行させないよう制限してます。

実行させるには

では、実行させるには、どうしたらよいのでしょうか。

まず、ウィルス対策ソフトでスキャンする

セキュリティ脅威のスキャン例

セキュリティ脅威のスキャン例

まず、ダウンロードしたソフトのファイルを、お持ちのウィルス対策ソフトでスキャンします。

たとえば、ウィルスバスターというウィルス対策ソフトでは、上図のようにダウンロードしたファイルを右クリックすると、「セキュリティ脅威のスキャン」の項目が表示されますので、これをクリックします。すると、ウィルススキャンが始まります。

他の、ノートンアンチウィルスやカスペルスキーなどのウィルス対策ソフトでも同様に操作します。

スキャンでウィルスが検出されなければひとまず安心

セキュリティ脅威のスキャンでOK

セキュリティ脅威のスキャンでOK

ウィルス対策ソフトでウィルスが検出されなければ、ひとまず安心です。

次にソフトを実行します。

再びSmartScreen(スマート・スクリーン)を表示させる

SmartScreenの詳細情報をクリック

SmartScreenの詳細情報をクリック

再び、ソフトをダブルクリックします。

再び、SmartScreen(スマート・スクリーン)が表示されます。

そのとき、上図の赤枠のところの、「詳細情報」をクリックします。

実行をクリック

その後、実行をクリック

その後、実行をクリック

その後、上図のような画面になりますので、赤枠のところの「実行」ボタンをクリックします。

ソフトが起動します

ソフトが起動する

ソフトが起動する

以上の操作で、ソフトが起動します。

以後、同じソフトをダブルクリックしても、「SmartScreen(スマート・スクリーン)」は表示されません。

WindowwsがそのソフトはOKだと認識しているからです。