ベクター様サイトよりダウンロード

 

キーサーファーは有料のシェアウェアです。

ダウンロード販売用Zip(ライセンス認証は必要です)

http://ringing-web.com/wp-content/uploads/2017/05/keysurfer_v1_17a.zip

4/30にver1.14aにバージョンアップしました。直接キー入力が可能です。

ダウンロード販売を開始しています。ご購入後、ご購入時に入力されたメールアドレスにてアクティベーションを行ってください。

なお、決済はPayPalを使用しています。

2017/02/23追記:

ダウンロード販売ですが、当サイトがあまり有名でないため、ウィルス対策ソフトによっては、あやしげなソフトであると認識されファイルが削除されてしまう場合があるようです。その場合は、大変お手数をおかけしますが、「お問い合わせ」までご連絡ください。メールにてソフトを送付致します。(なお、メールにて送付するソフトもライセンス認証が必要です)

また、その他にも、なにか不都合があられましたら、「お問い合わせ」までご連絡ください。m(__)m

自動的に隠れて邪魔にならず、スグ出せる

ATボタンにカーソルを合わせると

ATボタンにカーソルを合わせると

キーサーファーの画面上の「AT」ボタンにマウスカーソルを合わせると、・・・

自動的に隠れます

自動的に隠れます

自動的に隠れます。

「開く」ボタンからカーソルを外すと、・・・

「開く」ボタンからカーソルを外すと再び現れます

「開く」ボタンからカーソルを外すと再び現れます

再びキーサーファーが現れます。

文字入力中も自動的に隠れて邪魔にならず、スグ出せる

入力中

入力中

文字を打っていって、「入力」ボタンをタップすると、文字が文書に入力された後、・・・

入力後、背面の文書が見える

入力後、背面の文書が見える

キーサーファーの画面が小さくなるので、文字が入力された文書を確認することができます。

小さくなったキーサーファーの「開く」ボタンをタップすると、・・・

「開く」ボタンを押し、再び入力再開

「開く」ボタンを押し、再び入力再開

再びキーサーファーの50音キーボードが表示されるので、続けて文字を入力できます。

キーサーファーのご紹介

ソフトキーボード「キーサーファー」

ソフトキーボード「キーサーファー」

Windows用のソフトキーボード「キーサーファー」です。

タッチパネルでの入力向けです。

上図の通り、50音配列のキーボードですので、簡単に入力できます。

フリック入力風の2段階タップですので、ゆっくりと落ち着いて50音を選択できます。

もちろん、1回タップにも設定を変更可能です。

50音で入力できます

ひらがな、カタカナ、濁音、半濁音ごとにタブを選べます

ひらがな、カタカナ、濁音、半濁音ごとにタブを選べます

「かな」「カナ」「がぎ」「ガギ」「ぱぴ」「パピ」のタブごとにの50音が配列されていますので、簡単に目的のタブを開けます。

「がぎ」「ガキ」「ぱぴ」「パピ」タブでは、濁音、半濁音のボタンは、薄いピンクで強調表示されているため見やすいです。

他に、「A-Z(英字)」「数字」「電卓」タブから文字の入力も可能です。

入力途中で背面を確認したくなったとき「隠す」ことができます

「隠す」ボタン

「隠す」ボタン

また、「隠す」ボタンをタップすることで、いつでも小さな表示にでるので、日本語入力中に、背面のワード文書やエクセル文書などを確認できます。

ドラッグで移動できます

移動するにはここをドラッグ

移動するにはここをドラッグ

キーサーファーの画面を移動するには、「移動にはここをドラッグ」あたりをドラッグすえると、キーサーファーの画面を移動できます。

英数字も入力できます

英字も入力できます

英字も入力できます

英字も入力できます。普通のa~zの順番で入力する以外に、上図のようにa、d、g、j、m、p、t、w、をタップして、ケータイ・スマホ風の入力もできるので、打つことに戸惑いがありません。

電卓にて数字も入力できます

電卓入力

電卓入力

また、「電卓」入力も可能です。

なお、「電卓」入力では2段階タップではなく、常に1回タップで入力できるので、邪魔になりません。

記号も入力できます

記号入力も可能です。

記号入力も可能です。

記号も半角の記号、全角の記号を入力できます。

簡単に拡大縮小できます

画面の拡大縮小が可能です。

画面の拡大縮小が可能です。

画面中の「▲」「▼」ボタンをタップすることにより、画面の表示比率を10%~255%まで変更できるので、スクリーンサイズに合った大きさにすることができます。

表示比率は次回起動以降でも保持されます。

変換候補ウィンドウは横に広げることができます

変換候補欄は引き伸ばしが可能です。

変換候補欄は引き伸ばしが可能です。

文字を入力していくと、自動的に変換候補が右下に表示されます。

初期配置では、変換候補欄は比較的せまいのですが、上図の赤枠のボタンをタップすると、変換候補表示欄が横に広がりますので、変換候補を見やすくできます。

漢字変換モードが設定できます

漢字変換には、SocialIMEと、Yahoo!VJEのAPIを使用しています。

設定画面にて、お好きな漢字変換モードに設定できます。

テーマカラーを切り替えできます

設定画面にて、キーサーファーのテーマカラーを変更できるので、お好みにあった色にすることができます。

  • 通常(グレー)
  • ダーク
  • ピンク

の3種類を設定できます。

テーマカラー「ダーク」

テーマカラー「ダーク」

ダークカラーです。

テーマカラー「ピンク」

テーマカラー「ピンク」

ピンクカラーです。

設定方法

設定画面

設定画面

「設定」ボタンをタップすると細かい設定が可能です。

主な設定内容は次の通りです。

  • キーサーファーの細かい動作についての設定
  • 漢字変換の方法についての設定
  • テーマカラーの設定
  • 自分辞書の設定

「自分辞書」とは、いわゆるユーザー辞書で、少し難しい用語ですが、2列のTSVのテキストファイルです。

エクセルで範囲選択して、テキストファイルに貼り付けると自動的に列がタブで区切られたフォーマットで貼り付けられますが、これをTSV(タブ分割値)といいます。

1列目に、漢字変換前のひらがな、タブをはさんで、2列目に漢字変換後の漢字を書いておくと、ひらがな入力時にキーサーファーが辞書の対応する漢字に変換します。

このように、ユーザー辞書を簡単に作成できます。

(※辞書ファイルは、キーサーファーの実行ファイルのあるフォルダ配下の「自分辞書」フォルダに置きます。サンプルの辞書も添付しています。)