日本語化VBAのコード紹介ブログ

ズルいプログラミング

ズルいプログラミング

https://cunning-pg.ringing-web.com/

日本語化VBAとは、実査にどのようにプログラミングするのか、マニュアルやサンプルコードなどで解説をおこなっているのが、上記URLのブログです。

宜しかったら、ご覧ください。

なぜ、VBAを日本語化するの?

通常、プログラムを組むときは、英語で組みます。

プログラムは、英語の羅列で成り立っています。

プログラムを組んだ英語の羅列を、専門用語でコードといいます。

コードとは、英語の意味で「暗号文」という意味です。

「コード」と言われることで分かるように、プログラムコードは、プロでも大変読みにくいものです。

読みにくいということは、書きにくいということでもあります。

そこで!コードを読みやすく、書きやすくする方法として、「コードを日本語化しちゃおう!」と考え企画しました。

実際、プログラムの基礎知識さえ覚えれば、日本語化されたVBAの「コード」は大変読みやすいです。

読みやすいということは、書きやすいということでもあります。

エクセルVBA日本語化にはどんなメリットがあるの?

上に上げたように、プログラムコードが読みやすく書きやすくなるメリットがあります。

プログラムを組む際は、通常、「ライブラリ」というプログラムを組む時に助けてくれる別パーツのプログラムコードがあります。

「ライブラリ」とは、「辞書」という意味です。

「ライブラリ(辞書)」は、「関数」の集まりです。

関数とは、数学でいうf(x)とかいう感じの関数のイメージでOKです。

実際には、「Date(x)」や「cos(x)」などのように、「Date」や「cos」などの「関数名」が各関数に付けられています。

関数名の集まりであり、それが書籍の辞書のようですから、関数名を集めたものが「ライブラリ(辞書)」と呼ばれます。

でも、この関数名も、通常、英語です。

関数は、今日の日付を取得してくれたり、cosの値を計算してくれたり、数値の合計を計算してくれたり(SUM)、数値の平均を計算してくれたり(AVERAGE)、プログラムを組む上で色々とプログラマーを助けてくれます。

しかし、「英語」なんです。

でも、「エクセルVBA日本語化」を使用すれば、日本語の「関数名」で、関数を扱えます。

そのため、プログラムを組む際に、簡単に、関数を扱い機能を増やすことができます。

VBA日本語化するとどうなるの?

まず、プログラムコードが、一部を除いて日本語になります。

あらかじめ作られて用意されているプログラムコードである「関数」も、日本語になります。

結果、プログラムコードのほとんどが日本語になります。

日本語さえ読めれば、プログラムコードが読めて目で追え、プログラムがどのような動きをするか、よく把握できます。

つまり、プログラムの入門に、最適というわけです。

なぜ、プログラミングが必要なの?

これからは、AIや、データ解析の時代です。

AIやデータ解析を取り扱うにはプログラムの知識が欠かせません。

AIを操作するにしても、その背景であるプログラム領域の知識があれば、よりよく使いこなせます。

また、AIに命令するにしても、単に、手や声を使って命令するより、プログラムを使って命令する方が、より高度で便利な扱いができます。

このように、今後、社会人に必要とされるスキルとしてプログラミングできるスキルが重要視されています。

逆に言えば、今から、プログラミングのスキルは需要が非常に大きくなり、供給が足りなくなっていくスキルであるともいえます。

つまり、需要と供給のバランスが崩れており、プログラミングのスキルがより貴重となっているのです。

では、どのようにすればプログラミングを学べるの?

プログラミングの基礎はたったの3つです。

  • プログラムコードは一番上の行から、1行ずつ命令が実行される
  • 条件によって、実行の流れを分岐する
  • ある数まで、実行を繰り返す

この3つのルールえ守って、プログラムコードを組めば、アルゴリズムで解ける問題は全て必ず解けるということが、数学で証明されています。(「有限オートマトン」という書籍を参考にされてください)

このように基礎は簡単なのですが、実務を行うには、

  • 英語のコードを組む
  • 英語の機能である関数を使用する
  • 英語のコードの間違いを探しデバッグする
  • 英語のコードを読んで、プログラムをテストする

などの作業が必要とされ、大変壁が高いです。

しかし、この壁は、VBA日本語化によって、攻略できます。

つまり、プログラムの基礎を、実践で学ぶために、VBA日本語化はうってつけなのです。

どこで、プログラミングを学べるの?

VBA日本語化はフリーウェアです。

これでプログラムの基礎を学ばれたら、後は、英語のプログラムに挑戦しましょう!

どのプログラム言語でも基礎は同じであるため、違いは、「ライブラリ(辞書)」や、「フレームワーク(ライブラリをより使い易くしたもの)」機能群を把握するだけです。

また、「ライブラリ(辞書)」は、関数名は違えど、どの言語も似たり寄ったりの機能を提供しています。

つまり、基礎さえ覚えておけば、応用が利くわけです。

後は、以下のような学習サイトで学ぶのもいいでしょう。

 

プログラミングが学べるCodeCamp:
http://codecamp.jp/

プログラミングが動画で学べるdot install:
http://dotinstall.com/

 

 

ご要望

以下のURLにて、エクセルVBA日本語化についてのご要望を承っております。

エクセルVBA日本語化に今後追加して欲しい機能、用途、至らない点などのご要望をお寄せください。

ぜひ、皆さんのご要望をお寄せください。今後の改善に生かしたいと思います。

http://ringing-web.com/vbajp_request

開発版ダウンロード

現在、エクセルVBA日本語化(エクセルアドイン)ver0.07をベクター様に公開中です。(2016/12/9公開)

まだ開発バージョンのver0.07ですが、セルの操作回りはそこそこ充実していますので、お試しで日本語VBAを体感されるにはうってつけです。

ver.0.07では、日本語化された関数を100個程度追加しています。

日本語化関数

日本語化関数

日本語化関数は「F_」で始まります。

「F_」まで入力後、CTRL+SPACEキーを押下すると、選択肢が補完表示されます。

日本語化関数を補完表示

日本語化関数を補完表示

選択肢を選択した後、TABキーを押下することで、選択が確定します。

漢字の日本語化関数にあわせて、ひらがなの日本語化関数もありますので、お好みに合わせてご使用ください。

ぜひ、ダウンロードしてご試用ください。

ベクターホームページからダウンロード

 

2017/02/21追記:

あるごる。或る語る。アルゴる。

あるごる。或る語る。アルゴる。

http://ringing-web.com/j10n-sns

エクセル関数日本語化、エクセルVBA日本語化のユーザー様サポートを行うSNSを運営しています。

「あるごる。或る語る。アルゴる。」というサイトです。

SNSの月額利用料金は300円です。(PayPal決済です)

エクセルVBAを日本語でご使用できます

「g_道具.」から、続けて日本語を入力あるいは補完する

使用例01

使用例01

「g_道具」と入力して、ピリオド( . のことです)を入力すると、次の入力候補が表示されます。

上図での入力候補とは「シート」や「セル」などのことです。

※「g_道具」は、「これはおまじないだから、とりあえずg_道具と入力する」 と思ってください。「g_道具」と入力することで、「エクセルVBA日本語化」の日本語VBAが使用可能になります。

セルを行の英字と列の番号で指定する

使用例02

使用例02

使用例01の入力候補から「セル」を選んだ後、カッコ 「 ( 」 を入力すると、セルに対してどのような引数を入力したら良いのか、ヘルプが表示されます。

ここでは、「セル名」引数に、「”A2″」と入力することにします。

「”A2″」と入力することで、エクセルシートのA2セルを操作可能になります。

指定したセルに対して行う操作をエクセルに指令する

使用例03

使用例03

「セル名」引数に、A2のセルを指定したら、またピリオド ( . ) を入力します。

ピリオドを入力したら、次は、A2のセルに対してどのような操作ができるか、入力候補が表示されます。

上図では、入力候補とは、「コピー」や「コメント」のことです。

なお、セルは行の番目と列の番目で指定することも可能です。その場合は、「g_道具.セル行列指定(1,2)」などのように指定していきます。

セルの設定値に値を設定し、セルの表示形式を変える

使用例04

使用例04

A2のセルに対し、「表示形式パターン」の入力候補を選択したとしたら、次に「 = 」を入力します。

すると、「表示形式パターン」に対して、どのようなパターンにするか、入力候補が表示されます。

上図では、入力候補とは、「小数点以下1桁」や「小数点以下2桁」などのことです。

セルの表示形式パターンに和暦曜日付きを設定する

使用例05

使用例05

最後に「表示形式パターン」の入力候補から、「和暦日付付き」を選択します。

なお、上図にもある、「 = 」とは、「A2のセルの表示形式パターンに、和暦日付付きという設定をセットする」という意味です。

※「A=B」は、数学の = とは違い、「AとBが等しい」という意味ではありませんので、注意して下さい。

VBAでの「A = B」は、「BをAにセットする(設定する)」という意味です。

エクセルVBA日本語化のインストール

インストーラーを開いて下さい

インストーラーを開いて下さい

Zipファイルを展開すると、下記のような3つのファイルがあります。

  • VBAサンプル.xlsm
  • インストーラー.xlsm
  • エクセルVBA日本語化.xlam

エクセルVBA日本語化をインストールするには、上図のうち「インストーラー.xlsm」をエクセル開いてください。

インストール画面

インストール画面

「インストーラー」を開くと、上図のようなエクセル画面が表示されます。

インストールするには、上図の「インストール」ボタンをクリックしてください。

「インストールされました。」と表示されたら、インストールは完了です。

サンプルプログラムを添付しています

サンプルプログラムを開く

構成ファイル

構成ファイル

Zipファイルを展開した後のフォルダ内の3つのファイルのうち、「VBAサンプル」というエクセルファイルが、エクセルVBA日本語化のサンプルプログラムです。

「VBAサンプル」をエクセルで開いてください。

サンプルプログラム

サンプルプログラム

サンプルプログラムが開きました。

ただし、まだ動きません。

「エクセルVBA日本語化」へ「参照設定」する必要があります。

メニューの「ツール」→「参照設定」を選択

参照設定01

参照設定01

まず、VBEのメニューから、「ツール」→「参照設定」をクリックします。

参照設定02

参照設定02

すると、「参照設定画面」が開きますので、「エクセルVBA日本語化」を選んでチェックして、「OK」をクリックします。

これで、「VBAサンプル」ブックで、エクセルVBA日本語化が使用できるようになります。

※他のご自分で製作されるブックも、ブックごとに、エクセルVBA日本語化を参照設定する必要があります。上の参照設定の仕方を参考に、ご自分で設定されてください。

日本語VBAを試しに実行してみる

実行前

実行前

エクセルVBAを実行前の状態が、上図の通りだったとします。

実行する日本語VBAの内容

実行例プログラム

実行例プログラム

ここで、上図のような日本語VBAを実行します。

上図の意味は、

  • A2セルの値を “2015/8/3 12:01:02″ (2015年8月3日の12時1分2秒)に設定する
  • A2のセルの表示形式を「和暦曜日付き」という表示形式に設定する

という指令をしている、ということです。

この順番で指令が実行され、エクセルのA2セルに結果が表示されます。

日本語VBA実行結果

実行後

実行後

実行結果はA2のセルは、上記のような結果になります。

A2のセルは、”2015/8/3 12:01:02″ の日付を、和暦で曜日付きで、表示されています。

日本語VBAで指令した通りになっていますね。

「半角で漢字入力」もご一緒に

半角文字のみで、漢字変換できます。

半角文字のみで、漢字変換できます。

エクセルVBEにて、半角文字を入力するだけで、漢字変換できるCOMアドインを制作しました。

「半角で漢字入力」(エクセルCOMアドイン)

VBA日本語化とセットでご使用されると便利です。

例えば、

  • g_道具.

のあとに、「現在のシート」と入力したい場合、「genzai」と入力し、「ALT+J」することで、

  • g_道具.現在

まで入力されます。

その後、「CTRL+スペース」キーを押下することで、

  • g_道具.現在のシート

とまで、補完されます。

日本語VBA解説ページを制作中です

日本語VBA解説サイト

日本語VBA解説サイト

 

http://j10n.ringing-web.biz/jp/vbajp.html

日本語VBAの解説サイトを現在構築中です。

よろしかったら、ご覧ください。