8月2016

「99%の会社はいらない」本を読みました

99%の会社はいらない (ベスト新書)
99%の会社はいらない (ベスト新書) 堀江 貴文

ベストセラーズ 2016-07-09
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

アノ、スーパーリベラル(?)な、ホリエモンざんの著作です。

別に会社組織がどうとかではなく、20万円も30万円も給料をもらって、「イヤイヤ仕事を頑張っている人」ではなく、1万円の月謝を払ってでも「自分のしたいこと・やりたいことをやるために堀江貴文イノベーション大学(HIU)でやっている人」が、これからの世界を変えていくだろう、とのことです。

結果、会社組織の有効性が、あまり役に立たないのではないか?との提議です。

イヤイヤやって嫌だけど我慢して頑張っている。

かといって、やりたいことをやっていたら、安定がなくなり、先が不明で怖い。

これは日本式の教育が、簿記も金融も教えず、ただ、学識だけ教えて、「えらい人の言うことを素直に聞きなさい」と教えているからだそうです。

でも、それに限界が来ている。

民主主義も先の参院選や都知事選で分かったように、短期的に民衆に受けることを、選挙の時だけ言っているだけ。

(「日本は世界でも良く成功した社会主義国だ」との記述もありました)

こんな状況を打破するには、いいと思ったことは、まず、やってみろ、とのこと。

楽しめることにハマっていると、ハマっているが故に、やがてそれが高じて商売にもなる。

今、ドローンレース大会を主催している人達がHIUにいるそうですが、最初は「やりたい」と思ってドローンを使ってみた。それが高じてレース大会を開いた。そしてさらに、ドローンレース世界大会の日本代表を決める大会の主催もするようになった。

と、例示の内の一つですが、挙げられています。

いいと思っても、行動はしない。損をするリスクが嫌だから。(自分もそうですが)

だから、やった人が残って成功するんですね。

需給の単純な仕組みでした。

「マーケット感覚を身につけよう」を読みました

 

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 ちきりん

ダイヤモンド社 2015-02-20
売り上げランキング : 3526

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

ちきりんさんの、「マーケット感覚を身につけよう」という本を読みました。

「自分にはなの(売れる)価値もない」「自分には何にもできないし、能力もない」・・・、

そんな人たちは、”実は”、(自分の持っているものの)価値に気づいてないだけ。

その価値に気づける力、それが「マーケット感覚」というセンス(あくまで感覚という意味)だそうです。

マーケットとは市場のことですね。今どんどん、規制のかかった市場から、自由市場へと変革されていっています。

そこでは、従来からの規制前提の感覚による考え方では、市場で売れるものはできない。

(自由)市場化されたマーケットで売れる価値を見極め、早め早めに自分で価値を提供していく、つまり売っていく能力をマーケット感覚を持っているというようです。

そんなたいそうな感覚や価値はない。。。

いえ、既に価値はそれぞれの人が持っているのだそうです。

大事なのは「価値に気づくこと」。自分でいつも空気を吸うように自然に行っていることで、他人にできないこと、そんなことは、周りを見渡せば、いくつも出てくると思います。

ロックバンドが好きで、ロックにハマって、ライブへ何度も行き、雑誌を読破し、コミュニティでも発言している。

これも価値です。

旅行が趣味で、各地を周り、レアなスポットに興味を持っていて、たくさん知っている。

これも価値です。

その価値の供給者が少なく(ライバルが少なく)、本当に値札が付くものであり(需要がある)、ものであれば、十分市場を形成できます。

そういった価値への嗅覚に気づきましょう。

ということでした。(゚ー゚)(。_。)