1月2015

エクセル日本語関数の補完

エクセル関数日本語化」の日本語関数ですが、むりくり補完させることができます。

具体的にはどのように?

たとえば、・・・

「へい」まで入力して・・・

「へい」まで入力して・・・

「へい」まで入力して、「BS(バックスペースキー)」を押して、一文字削除すると・・・・

補完候補が表示されます。

補完候補が表示されます。

「へいきん」や「えいほうこん」など、「へ」から始まる関数名が補完候補として表示されます。

あとは、カーソルキー上・下で選び改行キー(Enterキー)を押すだけです。

ちなみに、「最小」まで入力して・・・・

「最小」まで入力して、一文字削除すると・・・

「最小」まで入力して、一文字削除すると・・・

一文字削除すると・・・

色々と補完候補がでます。

色々と補完候補がでます。

「最小」「最小公倍数」「最大」「最大公約数」「最頻値」など、「最」で始まる日本語関数が、補完候補に表示されます。

以上、ちょっとトリビアなネタ(?)でした。

日本語関数とその関数の説明文は手打ち(人力)ですた

手打ち入力した日本語関数のリスト

手打ち入力した日本語関数のリスト

エクセルの英語関数を日本語化して使用するソフト「エクセル関数日本語化」、日本語化関数名と引き数名、関数の説明は手打ち(人力)で実現しています。(;^_^A  いや、100関数ありますので、結構大変でした。

MyDummySQLPro v1.00 alpha1 公開

MySQL用ダミーデータ作成ツールの、「MyDummySQLPro ver1.00」のメドがようやくついてきましたので、アルファ版をアップしておきます。

まだ関数のネスト処理など課題は多いのですが・・・。(ノД`)

「MyDummySQLPro ver1.00 alpha1 90日間無償試用版」↓

http://ringing-web.com/wp-content/uploads/2015/01/MyDummySQLPro_ver1_00_alpha1.zip

MDSQL メイン画面

MDSQL メイン画面

メイン画面です。

ダミーデータの項目も増えています。

現在実験的にですが、arrayなどのシリアライズ後データもMySQLに保存できるようになっています。

(方法は変えるかも知れません。)

テンプレートが使用できます

テンプレートが使用できます

前回版よりユーザビリティを上げるため、ダミーデータ生成スクリプトを個別にテンプレートとして保存できます。

順序番号、ランダム番号などの個別のスクリプトごとに自動的にカテゴリ分けしまし、オリジナルのタグを設定して振り分けも可能です。

テンプレート保存画面

テンプレート保存画面

テンプレートを保存する画面は上のようになっています。

テンプレート操作は右クリックメニューから

テンプレート操作は右クリックメニューから

テキストボックスを右クリックし、右クリックメニューから、テンプレート関連の操作が可能です。

全てのデータを一括で保存できます

全てのデータを一括で保存できます

コネクション情報はもちろん、編集中のダミーデータ生成テキストボックスの内容もすべて一括で保存・読み込みが可能です。

以前からAccessに保存しているのですが、今回コネクションプーリングすることによってパフォーマンスを上げてます。