読書

「これならできる個人事業の経理と税金」本を読みました

これならできる個人事業の経理と税金
これならできる個人事業の経理と税金 大沢 育郎

ナツメ社 2010-02-18
売り上げランキング : 183317

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。別に起業するとか、独立するとかいうわけではないのですが、自身の都合上しばらくフリーランスになりますので、ちょっと経理について本を読んでみました。

まあ、白色で全然おkなのですが。

以前、職業訓練所で簿記3級を習っていました。んが、そこでは見事!日商簿記3級に落ちました。さすがは日商。難しく意地悪な問題が多かったです。(;’∀’)

その後、独学で勉強しなおし、ようやく簿記3級とビジネス会計2級を取得しました。んが、この勢いで簿記2級を、ともチャレンジしたのですが、またも、日商さんにガツンとやられ簿記2級は落ちました。(泣)

そんなこんなで、CVP分析(損益分岐点分析)やら財務諸表分析の簡単なやり方を知っているわけですが、この本を読んでみると、また新たな発見があり、やはり実務は違うものだなぁ、と勉強になりました。

仕訳が主な作業なので、個人事業という時間に追われる環境では、会計ソフトを使用していることが大前提です。この本では、よく直面する仕訳の原理と、会計ソフトの使い方のヒントがうまく織り交ぜられて紹介されており、実践的です。3社の会計ソフトの比較紹介もされていました。

確定申告は、会計ソフトがほぼ全自動で出力してくれるのですが、ちょっとまった。自分の所得申告は、自分に与えられている「所得を確定申告することのできる権利」ですから、基礎の理屈から覚えておいた方が良いです。その点、この本では、所得の計算にかかわるすべての計算の原理を網羅して紹介してくれているjので、助かります。会計ソフトが正解を導き出してくれる安心感と、基礎の理屈をしっていることの意義感のマッチが後々生きてくると思います。

そんなこんなで、ベンチャーとかいうほどのない個人事業でも、経理を学んでみると、色々と勉強になります。

ちなみに、著者の方は株を持つことを勧めています。同業界の株を持ったら、その業界に関心を持つ機会を持つことになり、自然と興味を持ったり、調べたりするようになり、その業界についても大変勉強になるからです。
経理についても、機会があれば、興味を持って調べられることをお勧めします。

ウメハラさんの「勝ち続ける意志力」本を読みました

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)
勝ち続ける意志力 (小学館101新書) 梅原 大吾

小学館 2012-04-02
売り上げランキング : 4289

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。あの、ストリートファイターシリーズの格闘ゲーマー、そして日本人初のプロ・ゲーマーとなったウメハラ・ダイゴさんの本です。

プロやアマチュアでもかまいませんが、スポーツの経験のある人では、ビジネス・コーチングがうまい、という話も聞きます。
それは、いかにして、基礎力をつけ、練習を継続し、立てた目標地点にたどり着くことができるか、というプロセスがビジネスであれ、何か別の目的であれ、非常に再現性高い方法を確立するからかと思います。

それを、小学生の時から始めて、己の力だけで、勉強し、頭を使って考えて、基礎練習を積み上げて、確立していったのが、ウメハラさんです。
ゲームとは言え、世界1位を何年も取得し続けているのはものすごい経歴です。

何がすごいのか?
運に左右されず、勝負の勝敗にも左右されず、大会のプレッシャーにも左右されず、常に冷静に状況を分析し対策を立て、積み上げてきた基礎練習の成果を実践で発揮して、勝ち続けていることろです。

精神的に折れるときもあるでしょう。負け続けることもあったでしょう。
でも、そこでブレずに、分析して対策を立て、改善策を実行する。
こういうことを、ひたすらストイックに続けていったそうです。

本を読んでいて、多くのビジネス書の著者の方の伝えている事と同じ事をウメハラさんは言っているな、と思いました。

すごいな、なんで自分一人でここまで達観できるんやろ?

「行動経済学」本を読みました

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書) 友野 典男

光文社 2006-05-17
売り上げランキング : 4138

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。

「行動経済学 ~経済は「感情」で動いている~」本を読みました。

標準経済学で活動している人間は「超合理的人間」なのですが、行動経済学はこの人間モデルを改定し、心理学に基づいた人間モデルを経済学に導入することを目的にしているそうです。

ただ、自然科学と違い、経済学は社会学、社会人間学ですので、複雑であり、簡潔な数式モデルを導入するまでには至ってないようです。

例えば、「双曲割引」モデル。これは、人間の感情として、現在得られるモノの価値がMAXであり、このモノが例えば5年後に得られるとしてもその価値がものすごく低くなるというモデルで、現在の価値から将来での価値までのx-y軸のグラフをプロットすると、ちょうど双曲線の形をとることから、そう呼ばれています。
しかし、感情である行動経済学では、この「双曲割引」もあまり現実にマッチしていないとのことです。

「好きなスターとのキス」と「一瞬だが不快な電気ショック」の割引率を調べてみると、前者は直後ではなく3日後に先延ばしすることが好まれ、後者は将来に延ばせば延ばすほど好まれたとのことです。
うれしい出来事をある程度の時間待つことは喜びであり、恐怖はできるだけ避けたい「感情」の表れとのことだそうです。
これは価値が時間に相関しているだけではなく、効用(この場合はプラスの効用「キス」とマイナスの効用「電気ショック」)も価値に相関していることになります。
そのため、単純な「双曲割引」の双曲線などでは表すことができません。

このスターとのキスをどう思うか?電気ショックをどう思うか?などの心理的実験検証を幾種類も何度も行い、実証学として築き上げられてきたのが行動経済学だそうです。
帰納的証明が多いのですが、おそらく数理モデルが無いため、言論論理による展開しかできず、結果として帰納的に検証するしかできないのではないかと思います。
言論ですので、論理が離散的であり、確かに演繹的証明は難しそうです。

この分野の研究は1990年頃から本格的に広まり、心理学からの影響を多大に受け、現在も進化中の学問だそうです。
ヒューリスティックによるアンカリングや有名なマズローの5大欲求(承認の欲求など)なども多く取り入れられています。
社会学ということで、かなり実用性が高いようで、現場への応用も多いようです。
この本を読んでいると、心理学・行動経済学で、色々と外的コントロールをされていてそうで、ちょっと怖かったです。

「99%の会社はいらない」本を読みました

99%の会社はいらない (ベスト新書)
99%の会社はいらない (ベスト新書) 堀江 貴文

ベストセラーズ 2016-07-09
売り上げランキング : 32

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

アノ、スーパーリベラル(?)な、ホリエモンざんの著作です。

別に会社組織がどうとかではなく、20万円も30万円も給料をもらって、「イヤイヤ仕事を頑張っている人」ではなく、1万円の月謝を払ってでも「自分のしたいこと・やりたいことをやるために堀江貴文イノベーション大学(HIU)でやっている人」が、これからの世界を変えていくだろう、とのことです。

結果、会社組織の有効性が、あまり役に立たないのではないか?との提議です。

イヤイヤやって嫌だけど我慢して頑張っている。

かといって、やりたいことをやっていたら、安定がなくなり、先が不明で怖い。

これは日本式の教育が、簿記も金融も教えず、ただ、学識だけ教えて、「えらい人の言うことを素直に聞きなさい」と教えているからだそうです。

でも、それに限界が来ている。

民主主義も先の参院選や都知事選で分かったように、短期的に民衆に受けることを、選挙の時だけ言っているだけ。

(「日本は世界でも良く成功した社会主義国だ」との記述もありました)

こんな状況を打破するには、いいと思ったことは、まず、やってみろ、とのこと。

楽しめることにハマっていると、ハマっているが故に、やがてそれが高じて商売にもなる。

今、ドローンレース大会を主催している人達がHIUにいるそうですが、最初は「やりたい」と思ってドローンを使ってみた。それが高じてレース大会を開いた。そしてさらに、ドローンレース世界大会の日本代表を決める大会の主催もするようになった。

と、例示の内の一つですが、挙げられています。

いいと思っても、行動はしない。損をするリスクが嫌だから。(自分もそうですが)

だから、やった人が残って成功するんですね。

需給の単純な仕組みでした。

「マーケット感覚を身につけよう」を読みました

 

マーケット感覚を身につけよう—「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 ちきりん

ダイヤモンド社 2015-02-20
売り上げランキング : 3526

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

ちきりんさんの、「マーケット感覚を身につけよう」という本を読みました。

「自分にはなの(売れる)価値もない」「自分には何にもできないし、能力もない」・・・、

そんな人たちは、”実は”、(自分の持っているものの)価値に気づいてないだけ。

その価値に気づける力、それが「マーケット感覚」というセンス(あくまで感覚という意味)だそうです。

マーケットとは市場のことですね。今どんどん、規制のかかった市場から、自由市場へと変革されていっています。

そこでは、従来からの規制前提の感覚による考え方では、市場で売れるものはできない。

(自由)市場化されたマーケットで売れる価値を見極め、早め早めに自分で価値を提供していく、つまり売っていく能力をマーケット感覚を持っているというようです。

そんなたいそうな感覚や価値はない。。。

いえ、既に価値はそれぞれの人が持っているのだそうです。

大事なのは「価値に気づくこと」。自分でいつも空気を吸うように自然に行っていることで、他人にできないこと、そんなことは、周りを見渡せば、いくつも出てくると思います。

ロックバンドが好きで、ロックにハマって、ライブへ何度も行き、雑誌を読破し、コミュニティでも発言している。

これも価値です。

旅行が趣味で、各地を周り、レアなスポットに興味を持っていて、たくさん知っている。

これも価値です。

その価値の供給者が少なく(ライバルが少なく)、本当に値札が付くものであり(需要がある)、ものであれば、十分市場を形成できます。

そういった価値への嗅覚に気づきましょう。

ということでした。(゚ー゚)(。_。)

『マイケル・ポーターの競争戦略』を半分w読みました。

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略
〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略 ジョアン・マグレッタ マイケル・ポーター(協力)

早川書房 2012-09-21
売り上げランキング : 6039

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

かのポーター氏を解説した本を読みました。

今までふーんと図でだけ見てたファイブフォースって、業界の価値(価格)とコストの決定に関する必要十分な分析なんですねー。(・Θ・;)

バリューチェーンって、価値とコストを生み出す活動を見分ける一覧表なんですねー。
事業計画書に書く意味がやっとわかりました。(-。-;)

訳もわかり安く、米語圏の本によくあるように、初心者にも理解できるように書いてありました。

『ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと』

ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと。 ドラッカーが『マネジメント』でいちばん伝えたかったこと。
小宮一慶
ダイヤモンド社 2011-07-08
売り上げランキング : 133348Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。

ドラッカーの「マネジメント エッセンシャル版」が難しかったので、よりかみくだいた小宮氏の解説本を読んでいました。

どれくらいかみくだいているかというと、

事業の定義について、ドラッカーが「マネジメント」に書いている。

  • 自らの目的、使命である。
  • 環境としての市場、顧客や競争相手の価値観と行動である。
  • 自らの強みと弱みである。

について、1章を使って解説してあります。(もちろん補足的なドラッカーの言葉も出てきますが)

(‘-‘*)アリガト♪小宮さん

それと、最近は長崎市の「サンカクスタジオ」さんが開催されている「本を読まなくても分かる ドラッカー セミナー」にも行っています。

サンカクスタジオ「ドラッカーセミナー」

サンカクスタジオ「ドラッカーセミナー」

http://3kakustudio.jimdo.com/セミナー-イベント/過去セミナー-イベント/ドラッカー入門/

こちらも、かなりかみ砕いて解説してもらえます。

要点をつかんだレジュメをいただけるので、セミナーを聞きながらメモとったりしておくと、あとで本にチャレンジするとき読みやすいですよ。(*´∇`*)

マーケティングのことが面白いほどわかる本

[ポイント図解]マーケティングのことが面白いほどわかる本
[ポイント図解]マーケティングのことが面白いほどわかる本 江口 泰広 中経出版 2010-09-17
売り上げランキング : 69197Amazonで詳しく見る by G-Tools

中経をなめてました。

基本的に、フレームワークの羅列なので、買ったばっかり(3年前)の頃は、わけがわからず、ずーと本棚の奥に入ってました。

昨日たまたま見つけて読んでみました。

単語や図式の羅列なのですが、その意味をよく読んで考えてみると、なろほどなー。と思えました。

製品コンセプトや、製品コア、新製品開発の時の情報収集項目など、これらの切り口でじっくり考えてみたら、なるほどイメージが浮かんできます。

・・・やはり自分で経験し、自分で考えないといけないですね。

マーケット・インという顧客が価値と感じるものを提供するのが会社の役目であるというのが最近のマーケティングのトレンドだそうです。

しかし、製品を開発していくとどうしてもプロダクト・アウト、つまり「自社の作った製品をどう顧客に売るか」を考えてしまいます。(プロダクト・アウトでは、供給過剰のこの時代、売れないそうです)

・・・このあたりの勘所も、自分で勉強して考えていかないといけないんでしょうね。

リクルート 『稼げる資格2013年上半期版』

稼げる資格2013年上半期版 (リクルートムック)
稼げる資格2013年上半期版 (リクルートムック)
リクルートホールディングス 2013-02-15
売り上げランキング : 5402

Amazonで詳しく見る by G-Tools

別に資格の勉強をするわけではないのですが、IT系の資格が結構載っていたので、この業界どうなってんのかなー?と買ってみました。

出るわ出るわ。Java、Linux、SISCO、Web関連の資格。(あれ?Oracleがない・・・(^・ω・^))

最近はウェブ解析士やAndroid/iPhoneの資格もあるんですね。

IT業界色華やか。

最近は業界内でも、裾野が広がり、技術も多様化しているんですね。

でも、・・・e-learningの講座が非常に少ない。ほとんどスクールです。

IT業界のくせにヽ(TдT)ノ。 長崎から通える分けないでしょ。

スキルアップや再教育したくなったとき、長崎は機動性に優れず、困るだろうなあ。

 

勝間和代氏の『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人』を読みました

高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書)
高学歴でも失敗する人、学歴なしでも成功する人 (小学館101新書) 勝間 和代

小学館 2011-02-01
売り上げランキング : 129052

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。この連休は、MyDummySQLProという、プログラマにしか用のないソフトを開発していました。

その合間に、勝間和代氏の本を読んでみました。

大学の学歴で判断される「アタマの良さ」の基準は「アカデミック・スマート」と分類されるものだそうです。

ただ、アカデミック・スマート以外の「アタマの良さ」の基準である「ストリート・スマート」というものがあるそうです。

どういう人?

自分でもよく体験するように、必ずしも学歴が良いわけでもないに、「すごく出来る人」という人がいますよね?

課題に対して、何が問題か”問題を設定し”、その本質の部分を見極めてクリティカルな問題解決ポイントを押さえる。

さらには、その問題解決にどれくらいのリスクを取らないといけないか判断し、実行に移し、実行しているなかで出てくる情報により、実行の仕方を修正していく。

こんな人のことらしいです。

どうも天才肌のような能力に見えるのですが・・・。

この本では、訓練すれば後天的に身につけることができる能力だ、とのこと。

そのためには、自分でそうなるやり方を考えることから始まるそうです。

それだけじゃ、まったく未来を描けないので、この本で、詳しく手ほどきされています。(*´∇`*)

・・・でも、根気いりそう。

池上さんの『学び続ける力』を読みました。

学び続ける力 (講談社現代新書)
学び続ける力 (講談社現代新書) 池上彰 講談社 2013-01-20
売り上げランキング : 49Amazonで詳しく見る by G-Tools

最近ワイルドな池上さんの、「学び続ける力」という本を読みました。

教養に関する本です。

一般教養ですが、知識人ほにゃにゃらというのではなく、大学で教える教養学科で、社会人にも必要な教養です。

教養が学び続ける力になるということ。

専門学科=すぐに役立つスキルを学べる

教養学科=すぐには役に立たない、よりよく生きていける方法を学べる

というのが一般概念です。

DCF、いわゆるディスカウント・キャッシュ・フローという会計の計算式があります。

DCFは、将来の価値を割り引いて、その将来の価値は今いったいどれくらいの価値なのか計算する方法です。

すぐには役に立たない教養学科、つまり将来価値は高いのに、今現在の価値はあまり高そうにみえず、ついスルーしてしまう。

DCFで計算したら、価値が低い。

そこで、今すぐ役に立つ、現在の価値の高い、専門学科を優先してしまう。

というパターンが、一般の問題です。

でも、池上さnがいうには、「すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなる」(B’z?)だそう。

「5分でできる○○!」「1時間で10倍になる○○」なんかが超具体例ですね。(専門学科とはカンケーないですが)

でも、専門技術は、「所与の条件のもとで、いかに生産性高く問題を解決するか」は学びますが、

教養で教えるような、「所与の前提を覆す」「前提を疑う」ということは学びません。

ということらしいです。

「前提を覆す」ということは、例えば歴史を知ることによって、一つの価値観だけではなく、今の現状とそういった歴史上の価値観を相対的に比較することで、「こういう考え方・価値観で考えると、問題の設定自体が変わるな」とかなったりするわけです。

というような教養についての考え方を、第三者検証していただいて、助かりますた。(*´∇`*)

勝間氏 『「有名人になる」ということ』 という本を読みました

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)
「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書) 勝間 和代

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-04-28
売り上げランキング : 11818

Amazonで詳しく見る by G-Tools

酒乱の方も推薦しています(?)が、勝間氏の「有名人になるということ」というタイトルに惹かれず、1年間くらいTSUTAYAに置いてあってもスルーしていました。

しかし、先日立ち読みしたところ、「勝間さんが、有名人ビジネスの分析をして、有名人を(WHAT)、どのような市場で(WHERE)、どうやって(HOW)で、商売が行われているのか解説している」ビジネス入門本でした。

ので、買ってよんでみました。

うーん、「顧客セグメント分析」ってこうやるのかあ。

「ターゲティング」の具体例はこれかあ。

「ポジショニング」はこうすればいいのかあ。

5Pのうちのチャネルってかなり重要だよね。

キャズムに関する本も読まないと。

・・・有名人って「がんばりビジネス」?(チガウ?)(*゚▽゚)ノ

 

エバーノート本を読みました

EVERNOTE Perfect Guide Book
EVERNOTE Perfect Guide Book 田口 和裕 成松 哲

ソーテック社 2011-06-09
売り上げランキング : 7268

Amazonで詳しく見る by G-Tools

エバーノート、マジで使ってみようかと、本をチェックしました。

こういう、ハイソなものは、なかなか縁がなかったのですが。

なんでもAndroidと同期できて、なんでも保存できて、なんでも検索できるのがいいですね。

タグ付けとタグ検索とか子タグとかできるのも便利。

日経指標をカメラで撮って保存するとか、マジで、考えられなかったこともできます。

うーん、便利。

「CakePHP」という本を読みました

CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus)
CakePHP2 実践入門 (WEB+DB PRESS plus) 安藤 祐介 岸田 健一郎 新原 雅司 市川 快 渡辺 一宏 鈴木 則夫

技術評論社 2012-09-29
売り上げランキング : 15108

Amazonで詳しく見る by G-Tools

えー、普段お仕事でPHPを使っているのですが、勉強も兼ねてPHP関連の良いといわれているフレームワークCakePHP2に関する本を読んでみました。

・・・目から鱗。

どこまでもシステマティック。

単体テストも自動化。

デプロイも自動化。

色々とプチテクも紹介されていました。なるほどね。

baserCMSもCakeで出来ていると聞きましたが。

今までSmartyというPHPのプラグイン使ってましたが、ビジネスロジックとかクラスを使ってなかったので、ものすごく汚いし、明瞭性がないし、テストも自動化ではなく、手動でした。

・・・読んでみてよかった。

FireWorksCS6が、以前よりだいぶ変わってて難しい

Fireworks CS6 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh
Fireworks CS6 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh Web&HP研究会 ソーテック社 2012-06-09
売り上げランキング : 39328

Amazonで詳しく見る by G-Tools

FifreWorksのCS6があるのですが、以前のバージョンよりだいぶ変わっている(?)ようで、難しいです。

FWって結構初心者でもWebサイトが作りやすいように、操作体系ができていたので、かなり惜しいです。

・・・CS6本買って勉強しようかなあ。