「Reactの基礎を理解するための「超」入門書」本を読みました

Reactの入門ですね。
内容的にも分量敵にも、入門としては最適かと。
Reactが定義ベースで、ステート<->ビュー(DOM)の双方向バインドであること。
定義かつ双方向バインドにて、コード分量・メンテナンス性・保守性・デザイナーとの連携などに優れた効果があることがよくわかりました。
今後、より本格的なReact本にステップアップするための入門書としてはかなり良かったです。