『財務3表実践活用法』という本を読みました。会計のお話しです

財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書)
財務3表実践活用法 会計でビジネスの全体像をつかむ (朝日新書) 國貞克則

朝日新聞出版 2012-07-13
売り上げランキング : 10418

Amazonで詳しく見る by G-Tools

不肖わたくし、簿記3級とビジネス会計2級の資格を持っており、以前から会計や財務諸表分析に関する本に興味を持っていました。

國貞氏の書籍は他にも読んでいますが、非常に読み安く、わかりやすい解説でお気に入りです。

とくに、B/S、P/L、C/Fを一体図で見ていく方法は、のうべんつらりな財務諸表の数字を見ているより、はるかに直感的にわかりやすい方法で、教えていただいて大変有難かったです。

この実践活用法では、たとえば、店舗土地を購入して商売を始めるのと、店舗を賃貸で始めるのとは、1期の損益やB/Sや手持ち現金にどのような影響があるのか解説している部分があります。

なるほど、どのように現金が出ていき、期末にはどちらがどれだけより多くの現金を保有することになるのかが分かります。
また利益を計算してみるとどのようになるのか。
利益はあくまで計算上のもので、現金を追えといいますが、それもよく解説してあります。

この本のやり方に従って、エクセルで実際にシミュレーションもできるようになりました。(*^_^*)