「行動経済学」本を読みました

行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書)
行動経済学 経済は「感情」で動いている (光文社新書) 友野 典男

光文社 2006-05-17
売り上げランキング : 4138

Amazonで詳しく見る by G-Tools

はい。残暑厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。

「行動経済学 ~経済は「感情」で動いている~」本を読みました。

標準経済学で活動している人間は「超合理的人間」なのですが、行動経済学はこの人間モデルを改定し、心理学に基づいた人間モデルを経済学に導入することを目的にしているそうです。

ただ、自然科学と違い、経済学は社会学、社会人間学ですので、複雑であり、簡潔な数式モデルを導入するまでには至ってないようです。

例えば、「双曲割引」モデル。これは、人間の感情として、現在得られるモノの価値がMAXであり、このモノが例えば5年後に得られるとしてもその価値がものすごく低くなるというモデルで、現在の価値から将来での価値までのx-y軸のグラフをプロットすると、ちょうど双曲線の形をとることから、そう呼ばれています。
しかし、感情である行動経済学では、この「双曲割引」もあまり現実にマッチしていないとのことです。

「好きなスターとのキス」と「一瞬だが不快な電気ショック」の割引率を調べてみると、前者は直後ではなく3日後に先延ばしすることが好まれ、後者は将来に延ばせば延ばすほど好まれたとのことです。
うれしい出来事をある程度の時間待つことは喜びであり、恐怖はできるだけ避けたい「感情」の表れとのことだそうです。
これは価値が時間に相関しているだけではなく、効用(この場合はプラスの効用「キス」とマイナスの効用「電気ショック」)も価値に相関していることになります。
そのため、単純な「双曲割引」の双曲線などでは表すことができません。

このスターとのキスをどう思うか?電気ショックをどう思うか?などの心理的実験検証を幾種類も何度も行い、実証学として築き上げられてきたのが行動経済学だそうです。
帰納的証明が多いのですが、おそらく数理モデルが無いため、言論論理による展開しかできず、結果として帰納的に検証するしかできないのではないかと思います。
言論ですので、論理が離散的であり、確かに演繹的証明は難しそうです。

この分野の研究は1990年頃から本格的に広まり、心理学からの影響を多大に受け、現在も進化中の学問だそうです。
ヒューリスティックによるアンカリングや有名なマズローの5大欲求(承認の欲求など)なども多く取り入れられています。
社会学ということで、かなり実用性が高いようで、現場への応用も多いようです。
この本を読んでいると、心理学・行動経済学で、色々と外的コントロールをされていてそうで、ちょっと怖かったです。