「こんなソフトを待っていた!」 - エクセル関数日本語化

「こんなソフトを待っていた!」 (Aさん)

エクセル関数日本語化について

【初めて使ってみて】
こういうものがあるのか、初めて目に入った時は驚きでした!エクセルは英語での記号や用語が本当に多いソフトで、そこが使いこなす上で難点だったからです。これを考えた人はすごいと思いました。関数は使えるとすごく便利なので、マニュアル本などを参考したりしますが、まず無数にある数の関数の中身を理解することが用意ではありません。ある程度英語が分かる方だったらまだいいと思うのですが、たまにエクセル独自の表現も出てきます。これは画期的と思います。

よこひょうびき

よこひょうびき

【利便性について】
日常において一番多く使う関数は、文字列系と参照関数です。なので、早速これらの関数に使ってみました。参照のHLOOKUPなどどう日本語化するのかな、と思ったのですが、「よこひょうびき」が見つかり、これはわかりやすい!今でも、なぜに参照がLOOK(見る)+UP(上)なのか理解で出来ませんでしたので。
あと、特段インストールがなくても使えるということに驚きました。マクロのように見えましたが、EXEファイルなどでセットアップしなくても使えることはすごいです!手間がかかりません。
【活用】
活用においては、自分の日頃の仕事作業に反映してみました。私は、営業事務をやっているのですが、データのまとめや、統計などを出すことが多いです。今まで通り、普通に使えました。因数を入れる箇所も同じですので、使うのに戸惑ったりはしなかったですね。
【メリット・デメリット】
メリットははやり、関数の内容がとても解りやすいということでした。関数の数も多く、自分が欲しい作業に合う関数を見つけることも、いちいちクリックしながら、説明を読む手間がありません。あと、セットアップのしやすさですね。時間と手間を取らせないという点が素晴らしいです。
デメリットは、直接入力についてはまだ対応されていないことです。英語バージョンですと、スペル1個打てば、想定される関数の一覧を出してくれます。これがとても便利です。特に、エクセルに慣れてきますと、いちいち関数のボタンを押すことなく、=から直接入れてしまいます。便利だからです。この機能があれば最強だと思います。
【お勧めしたい人】
初心者にすごく優しいと思います。関数というのはどんはものなのか、手っ取り早く伝えることが出来て、馴染みのひらがなで打てます。どうしても関数が覚えられない、という人にはうってつけです。
【まとめ】
分かりやすさという点で素晴らしいソフトです。エクセルとの距離をぐっと縮めることが出来ます。なので、初心者には本当にお進めです。上記で挙げた、直接入力の時や、関数のフォーム(入力フォームは英語のままでした。因数のひとつの、TRUE,FALSEなどそのまま英語です。)の改良がされれば実用度は高まると思います。

Aさん、ありがとうございます。
とっつきやすく、利便性があることが、利点のようですね。
初心者の方に優しい、そう言って頂けて嬉しいです。
お仕事で統計データもご使用されているほどのエクセル通の方にも評価頂き、大変ありがたいです。
まとめにある改善点は今後取り入れていきたいと思います。